• 特集コンテンツ 27.02.2015 Comments Off

    一時的にお金が入ってこない!どうしよう!
    例えば、普段の生活日くらいは何とかなるが、急に手術費用が必要になりお金がない場合、社会福祉協会の生活福祉資金を利用することが可能です。

    お金がない人で生活福祉資金を必要としている方は

    「低所得世帯」「障害者世帯」「高齢者世帯」の3つに当てはまるものなのですが、基本的には連帯保証人が必要になります。どうしても連帯保証人がいなく、お金がない場合は連帯保証人なしでも借りることが出来るのですが、年間1,5%の利子が付きます。

    社会福祉協議会が窓口になっておりまして、相談、面談をして条件をクリアしたらお金を借りることができます。

    それ以外にも

    また、平成21年10月から「臨時特例つなぎ資金」という制度も誕生しました。失業保険を申請している家のない人に対して、公的なお金を受け取ることが出来る制度となっています。お金の金額は10万円以下、連帯保証人も必要なく、利子もありません。ですからお金がない人はこの制度も是非考えてみてください。

    「臨時特例つなぎ資金」を受け取る際に必要な申込みはハローワーク、福祉事務所の窓口で行っております。条件としては自分名義の金融機関の口座を持っていることになります。

    これらの公的補助を受けながら自分に出来る仕事を探している人はたくさんいます。

  • 特集コンテンツ 27.02.2015 Comments Off

    「いますぐお金が必要だけど、お金がない!どうしよう!」
    お金を今すぐ工面しなければいけない時、どのような方法でお金を用意しますか?

    銀行、金融会社でお金を借りるのが一番手っ取り早い方法と言えますが、「利息」がつきものです。

    また、親や友達に借りることも、のちのちの関係に影響してしまいそうです。

    「もっとうまいことお金を工面できる方法があったんだ」と思わないためにも、今からその対処法について考えていきましょう。

    お金がない場合、生活保護を利用することができます

    まず、長期間にわたりお金が入ってくる予定がない場合、公的な補助制度を利用しましょう。例えば、リストラや倒産で今現在職がない場合、生活保護を受けることが出来ます。生活保護は事情で(病気やけがも含む)働くことが困難な場合、国の補助でお金を受けることが出来ます。

    最近、生活保護の不正受給が問題になりました。そのため、あまり良いイメージを持たない方も多いかと思いますが、本当に生活に困っている人が利用できる制度なので、本当にお金がない方が受け取る分には全く問題ないと言えます。

    最初に面談をし、生活保護を受けることの出来る条件がクリアすれば、申請書を提出した段階でお金を受けることが出来ます。

    本当にお金がないと困っている方がいれば、この様な公的な制度があることを頭の片隅に置いておくといいですよ。

  • 特集コンテンツ 27.02.2015 Comments Off

    お金がないとき、どのようにお金を工面しますか?ものを売るなど出来ることはたくさんありますが、国の補助制度を使ってみるのもいいかもしれません。「生活福祉資金貸付制度」という制度があります。特定の世帯に対して補助金が出る制度です。その特定の世帯とは「低所得者世帯」「障害者世帯」「高齢者世帯」の3つです。

    お金がないときの対処法として

    低所得者世帯の対象は、どうしても必要なお金を他から借りることが出来ない世帯を指します。(市町村民税非課税くらい)
    障害者世帯の対象は、身体の障害者であることを認められた手帳をお持ちの方、療育手帳をお持ちの方、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方の3種類です。
    高齢者世帯の対象は、65歳以上の方が属する世帯を言います。

    連帯保証人を立てる場合、利息はありません。しかし、連帯保証人を立てない場合だと、年間で1,5%となっております。

    クレジットカードをお持ちの方は、お金がないときこそ活用しましょう。カードを使ったよく月に請求が来る場合がほとんどなので、自分の手元にお金を残しておくことが可能になります。金額が大きくなってしまった場合でも、リボ払いをすれば分割して請求が来るので、お金がないときは助かるサービスですね。しかも「持つだけ」であればお金はかかりませんから、いざというときのためにクレジットカードを作るのもいいかもしれません。

  • 特集コンテンツ 26.02.2015 Comments Off

    さて、いきなりですが金欠って嫌ですよね。お金がないってだけで、精神的に余裕がなくなるのは私だけではないはずです。本当にピンチの時にお金を貸してくれる人がそばにいる人ならまだしも、そうではない人もいます。いや、むしろそうでない人の方が多いかと思います。そんな時、是非こんなことをやってみてください。

    お金がないときの必勝法

    身の回りには、意外とこんな値段で売れるんだというものがたくさんあります。何か売れるものはありませんか?リサイクルショップなどもたくさんありますが、最近だとインターネットサービスである「ネットオークション」の方が高く買い取ってもらえるケースが多いですから、お金がないときはオススメです。

    絶対に手放したくないけどものは質屋という手もありますね。一定期間内にしっかりお金を返せば、利息はありますがしっかり物は返ってきます。

    本を売る場合

    オススメなのが本を売ろうと思った場合、大手の古本屋ではなく、インターネットを使ったオークションサービスが魅力的です。というのも、自分では気づかない「珍しい本」というものが存在し、あなたの本棚にも眠っている場合があります。もう廃刊になったなどの書籍は意外と高く値段が付くものです。それを大手の古本屋ではあまり良い値段を付けてくれない場合が多いのです。お金がない時こそ、ネットオークションは便利だと言えます。

アーカイブ

カテゴリー